ランドセルに使用される自然皮革

小学生の女の子

ランドセルに使用される素材には、自然皮革と人工皮革の2種類があります。

自然皮革は牛、馬の革が使用され、牛革が一般的に多く使用されています。

馬の革はコードバンと呼ばれ、馬一頭からランドセルの蓋が2枚しか取れないほどの希少性が高い高級素材です。

自然皮革は人工皮革に比べて吸湿性や通気性、耐久性に優れており、小学校の6年間に使用していくほどなじんで風合いが出てくることが特徴です。

革でも表面には防水加工や耐傷加工などが施されているので安心です。

一方、人工皮革にもメリットがあり、
・価格が格段に安いことと人工であることから品質に均一性があること
・発色性が良いことからカラーバリエーションが豊富であること
・軽量であること
などが挙げられます。

人工皮革のランドセルのメリット

小学生の男女

"ランドセルの素材には、人工皮革と天然皮革の二種類があります。

天然皮革には牛や馬の革を使用したものがあり、本革であることから湿気に弱いためカバーをかけている場合には定期的な陰干しなどの手入れが必要であり、また重さもあります。

価格は革の産地や年齢、種類などによって差が大きく、とくにコードバンは馬のお尻の革を使用したもので一頭から2つのランドセルしか作れないために高級品になります。

一方、人工皮革で作られたランドセルは軽くて雨にも傷にも強く、発色性も良いことからさまざまなカラーバリエーションが楽しめます。

なんといっても価格がリーズナブルであり、素材の改良により本革の風合いに負けないしなやかさがあります。"

コードバンのランドセルについて

ランドセルの素材には、牛革、人工皮革、コードバンがあります。

コードバンは農耕馬のお尻の革を使用したものであり、非常に高級なものです。

革のダイヤモンドとも呼ばれ、手触りがなめらかで美しく、とても丈夫な素材です。

馬一頭からはランドセルの蓋が2枚しかとれない希少性の高いものでもあり、スペインのコルドバ地方が発祥であるためにコードバンの名前が付けられました。

牛革の3~4倍の強度があるとも言われ、耐久性に優れていることから6年間使用した後でもしっかりしており、発色性も良いことから他のランドセル同様にカラフルな色も多く販売されています。

お子さんに高品質なランドセルを持たせたいという方におすすめな素材です。

牛革のランドセルの特徴について

牛革のランドセルは、ほかの素材に比べて価格が高く、高級感があり使えば使うだけ革独特の良い味がでてきます。

牛革は手触りが良く高級ランドセルに使用されていることが多いです。

牛革のランドセルは、耐久性に優れていて、革の美しい光沢がある質感が特徴になります。

ランドセルは6年間もつものですから、耐久性に優れた丈夫で質の良い牛革が人気になります。

牛革は水に弱い材質になるので、ランドセルを選ぶときは撥水加工がされているものを選ぶようにした方が良いです。

雨などで濡れた場合には乾拭きをして自然乾燥させたり、汚れが付いた場合には皮革用クリーナーで拭き取るなどのケアをおこなうといつまでもきれいな状態を保つことができます。